スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone4 白パネル化

※Apple Extended Keyboard IIのBluetooth化、現在eBayよりのある品物到着待ちです。それが届いたら進展あると思います。

例によって隔週の病気治療で深く静かに断食行を遂行していた先週でしたが、その直前にちょっとだけ無理をしちゃいました。
中国華南地方、某香港国境際の経済特区にて友人が仕入れてくれたiPhone4白化キット(前面ガラス+デジタイザ+液晶、背面ガラス、ホームボタン)が先週初め到着してこれはと治療の前に何とか組み付けてみました。
深圳(あっ言っちゃいましたね深圳って?!別に隠すほどのモノでもないでしょうが)のパチモンショップ謹製でやはりよく見ると表裏ともガラスサイド部分の仕上げが雑だったして450元さもありなんですが、友人がわざわざ店で点灯試験までしてくれたので、デジタイザ、液晶、バックライトはすこぶる快調です。(尿液晶ともおさらばえ~)
購入まだ1年未満でホームボタンがややチャタリングを起こしつつあったというのと、モデムベースバンドを上げたくないという2点からどうせなら白くしてしまえ、約6千円だし、とノリで手配したものです。

iFixIt等で確認しますとホームボタンの交換はほぼ全部分解のレベルで、当然デジタイザや液晶も取り外す必要があります。ホームボタンにはフレキの付いた密封型のスイッチが貼り付けてあり、これはオリジナルを新しい白ボタンに貼り付け直して再利用してます。(その所為かホームボタンのチャタリングや無反応といった不具合が直っちゃいました)

最近、日本語サイトでもバラシ解説してるサイトがあるようですが、あまり触れられていない部分だけ補足をば。

・プラのヘラはあった方がよいですね、ステンレスのピンセットを使いましたがバッテリーのコネクター外しでは火花でちゃうし、他のコネクターを外す際でも基板とかにキズを付ける恐れがありません。
・幅2.5~3.0くらいのマイナスドライバー必要です、ロジックボードの右上のネジを外すのに。
・秘伝(免許皆伝)
 iFixItではバラシ全体をPDF化してサイトで配布してますので、それをダウンロード(お薦めはホームボタンの交換編)印刷する(カラー印刷が望ましい)PDFに従って分解を進める際に取り外したネジをそのiFixItのPDFの写真の同じ箇所にセロテープで貼り付けておく。こうするとネジは無くさないし、長さの異なるネジを間違った場所に使うこともなくなります。
・あれだけ狭い部分に押し込めてる割にはロジックボードの収まりは今イチぴったりしません。なんとなくネジ止めで押さえてるかなと。
・自分の場合、プラスドライバーはワンサイズ1本で十分でした。精密ドライバーでちょっと柄の太いヤツが良いでしょう。
・iPhone4を分解しようという輩には耳タコでしょうが、最初に外すドックコネクタ脇の2本のビスは特殊ネジ(ペンタロープタイプ)専用ドライバー必要
・やはり各種コネクター類はフレキを割ったり、コネクタ部分に皮脂を付けたしないよう気を付ける
・スピーカードック再設置の際には4ヶ所の金属の爪がちゃんと接触するように注意する
・背面カメラ&フラッシュは置いてあるだけ、コネクタと右隣のフレキにて押さえてる

写真、iPhone3Gでたくさん撮影したんですが、全部ピンボケ今さらながらオートフォーカスのありがたみを感じてます。まあ、iPhone4の分解などそれ程メジャーにはならないでしょうし、写真付き解説はやはりiFixItで十分でしょう。一応、証拠(笑)にアマの箱に広げてみました。あれ?本体は何処に??)

iP4Bunkai


自分のiPhone4改は白い顔に透明な背面パネルでiOS 5の完全脱獄を待つことにします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Touch Me

Author:Touch Me
iPhoneとiPadとMacにどっぷりです。
2週間毎に音信不通になる場合があります。(-.-;)
iPhone界隈のニュースと関連ガジェットに興味があります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。