スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone用外付けバッテリー

とうとう愛用していた日本信頼技術のドック直付けバッテリーが逝った。30分も充電出来ない(iPhoneに充電する場合も本体に充電する場合も)突然、極端に容量が落ちた感じ。
かつてパチモン(中国製、太陽電池付きや各種変換コネクター付き、超大容量などなど)バッテリーやちゃんとした日本のメーカーのもの(中国製でも品質は一級)それこそ片手では足りないほど使ってきたけど、この手のバッテリーっていざ使いたい時には満足に使えない(つまりiPhoneを満タンに出来ない)ことが多い。
それ程、頻繁に外部バッテリーが必要になる訳ではないけれど結構なお値段の割に活躍することなくお蔵入りなバッテリーが多い。

そこで教訓!

iPhone(に限らないけど)の外付けバッテリーはエネループ単三型に限る。現在は4本タイプ(多摩電子製)と2本タイプ(スティックブースター)を利用している。これならエネループがへたってきたら新しいのと交換するだけ。おまけにエネループタイプはその特徴である充電1年後でも80%の残容量を生かして一度充電しておけば使う時まで追加充電の必要はない。これは結構なメリットだと思う。

iPhoneユーザーにはエネループタイプのモバイルブースターという強力外付けバッテリーが有名だけど、これも中味が単三型なら簡単に交換出来るのだけど、専用のエネループバッテリー(単三型にあらず)なんで私の選択肢にはない。(高いし(^^;)

現在の自分iPhoneの使用状況だと満足に使えて半日、スティックブースターではゼロから満タンには出来ないので使い方を考える必要がある。4本タイプなら丸々1回は充電出来るので安心出来る。(でも4本タイプは重くなる)治療で病院に半日以上拘束される時に使っている。
(まあ病院にはAC100Vのコンセントもあるけど普通は使わせてくれない at 治療室)

iPhoneの使い方なんて人それぞれで、別に偉そうにバッテリーまで指示されなくていいわいという人、「正解!」本当にご自由に!!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Touch Me

Author:Touch Me
iPhoneとiPadとMacにどっぷりです。
2週間毎に音信不通になる場合があります。(-.-;)
iPhone界隈のニュースと関連ガジェットに興味があります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。