スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle4

正式名称がKindleでとても判りづらいので巷ではKindle4と呼ばれてる電子ブックリーダー。先月28日発売で10月3日には日本に届いたという爆速配達(もちろんアメリカから)。
当初、寝ながら本読みに使っていたiPadがあまりにも危険(仰向けで両手でiPadを支えて自炊文庫本を読んでいてついウトウトすると顔にiPadが襲いかかる)で尚且つ重すぎるのでKindle4が発表された時これだ!と確信して速攻で注文しました。

6インチ電子インクディスプレイは概ね満足ですし、軽い軽い、小さい薄いと物理形状は素晴らしい。手が標準的に日本人な自分には横幅がちょっと片手保持では大変かなという程度です。(片手保持での読書は出来ます、女性はキツイかも)
早速入れた(これも普通にUSB接続してMacからコピーするだけ)自炊の文庫本やコミック本はPDFなので普通に日本語表示問題なしです。(テキスト形式は試してません、日本語フォントは入ってないような...)

二つだけ困った問題があり、一つは解決したのですが残りの一つは思惑とは異なりかなり問題です。一つ目は文庫の自炊本が思ったより字が小さいということ。もちろんKindleにズーム機能はあるのですがそれでは1ページがスクロールしてしまう(Kindleのスクロールは小さなカーソルキーで行うので読書には向かない)これはPDFデータをKindle用に作り直すことで対処しました。そう、余白を切り取ることで若干でも表示が拡大します。アプリでぴったりのがありました。(「PDF Scissors」で検索して下さい)作者もKindleでの閲覧時に邪魔な余白を削除する目的で作ったと書いてありました。自炊データが原本(カラー300dpi/モノクロ600dpiで読み込んだもの)とそれから余白を削除したもの(別途Kindle用として変換)の二つ保持することになりましたが、そのうち余白カットしたモノが原本扱いになりそうです。

もう一つの問題、これがどうしようもありません。当初Kindle TouchとKindle4でどちらが良いかと単純に発表時のニュースから軽い方がいいし、読書に専念したかったらやっぱりページ送りはスイッチだよな、タッチパネルだと画面指紋とか付くし、などと非常に浅い判断でKindle4を選択しました。あとで両者の記憶容量のユーザーエリアが倍以上違うとか、最初のうちKindle4で本を読んでいてついページ送りに画面を指でスライドしてしまって、ああiPadのこのインタフェースは正しいんだ、Steveが遺してくれた人に優しいUIなんだとこんなところで感心してしまいました。
で、Kindleではたくさんの自炊本を持ち歩けないのです。約1.3GBしかユーザーエリアがありません。自炊本はだいたい30MB~60MBくらい。60MBとすると20冊くらいしか保存出来ない。全く少なすぎます。(PDF圧縮用の効率の良いソフトをこれから探します。Acrobatはありません、キリ!!)
この保存容量とタッチパネル操作からもし11月まで待てて数千円余計に出せるのならばKIndle Touchをお薦めします。いえ、KIndle4のスイッチでのインタフェースはぜんぜん悪くはありませんよページ送り戻しだけなら。それ以外の例えば設定時のカーソルキーでの移動や文字入力時のカーソルでの入力は苦行でしかありません。(頻度がそれ程多くはないので我慢の許容範囲内です)ユーザーエリアだけでTouchが選択肢になります。(それでも2倍ちょっとしかないようです)

KindleにはなぜSDカードスロットを搭載しなかったのでしょうか?やはり著作権絡みなんでしょうか??価格的に搭載メモリ容量を押さえたのは判ります。代替手段を用意してないのは頂けません。これもWiFi経由のクラウドでやれということなんでしょうか???自鯖でクラウド運用をちょっと考えようかな!でも自炊本はダウンロードして読むという形態しか認めません。自炊本を動画言う処のストリーミング的に読むなど考えられません。

この辺、もうちょっとKindle4が広まるとどなたか解決策を見つけてくれるのではと期待大です。(いつもの他力本願(^.^;)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

余白削除、解像度最適化には、ChainLPが便利ですよ
http://no722.cocolog-nifty.com/blog/chainlp/

Re: No title

ななしさん、コメントありがとうございます。

まずKindle用に余白削除のアプリを探した時の条件がOSX用だったので
ChainLPは該当しなかったのだと思います。でもやはりWindows用は
痒い所に手が届くソフトが多いですね。ちょっとFusionのWindows 7で試して
みます。目下の所 PDF Scissorsが偶数面・奇数面別々に対応出来るようになったので
使いやすくなりましたね。
プロフィール

Touch Me

Author:Touch Me
iPhoneとiPadとMacにどっぷりです。
2週間毎に音信不通になる場合があります。(-.-;)
iPhone界隈のニュースと関連ガジェットに興味があります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。