スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mx900 BTマウス

長年愛用していたMx900というロジクールのBluetoothマウスのスイッチがチャタリング症状が出始めた。それも一番使用頻度が高かったからであろう左ボタンである。もう5~6年になるので致し方ないのか、問題はMx900の後継(ユーザーからみた真の代替品)が出てないことで、それがこのMx900を長く使い続けることになっている。(長く使い続けるにはメカニカルな部分のゴミ除去のため分解清掃が必須)

Mx900の長所・短所
長所
・ボタンが豊富(8ボタン)で良い位置にある
・サイズ的に自分には丁度良い
・単3電池で動作する(もっぱらエネループ)
・もちろんBluetoothである

短所
・重い(単3電池2本が影響?)
・消費電力が大きい(エネループを単4に変えたら1日持たない)
・ホイールの回転機構が古い(回転音がうるさい)
・純正のドライバーソフトがなかった(当時)現在もステアマウス(有料ソフト)を使用している

まず、Bluetooth接続ならMacBook側に何も刺さなくても動作する。これはリッドクローズモードで使用する場合、「会社へ行ってカバンからMacBookProを取り出す、電源を繋ぐ、外部モニタ用DVIを繋ぐ、BTキーボードの電源オン、Mx900を充電台から取り上げる、MacBookPro自動的にスリープから解除」という一連の流れの中でmacBookProに物理的に接続するのは電源と外部モニタだけという手軽な運用が出来る訳です。(BT接続はキーボードとマウスの二つが限界で、これにヘッドセットを繋げて音楽を聴くのはかなり苦しいです。BT接続は二つまでと記憶)

以上のような訳でMx900が手放せないのですが、さすがに内蔵のスイッチ関係にヘタリが出始めたようです。マウス自体は会社にあるので明日ちょっと分解してみようかなと思います。スイッチが汎用品で秋葉原で調達可能だと良いのですが...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Touch Me

Author:Touch Me
iPhoneとiPadとMacにどっぷりです。
2週間毎に音信不通になる場合があります。(-.-;)
iPhone界隈のニュースと関連ガジェットに興味があります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。