スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二個いちかな?

愛用のMx900の拠りに拠ってメインボタンがチャタリング気味だったので、最悪部品取りのつもりでロジクールのG400というUSB有線マウスを購入した。なぜG400だったかというとサイトで見る限りどうみても外観がMx900と同じに見える。金型を使い回していると思える。片やBluetoothマウス、片やUSB有線マウスの違いはあるけどこれだけ形状が似ていれば使っているスイッチも同じだろうくらいな気持ちで2,800円也。

そしてでき上がったのがLogicoolロゴのMx900とLogitechロゴのG400、結局スイッチはまだ使えそうだったんで一番上のガワG400のシルバーの部分だけ交換してMx900が見た目ちょっと新しくなった。購入直後にバラされまだUSBに繋がれたこともないG400君は不憫だけど部品取られなかったのでそのまま使用出来るし使おうと思ってます。あっ!G400君は再びパッケージに戻しました。

Logicoolマウス


このMx900とG400マウスのガワは3層構造になっていて一番下のベースは基板がネジ止めされておりMx900はBTなので当然電池ケースがあり、G400にはそれがない。つまり此処の部分は置き換えが聞かない。その上に中間層があり側面の戻る進むスイッチが存在する。一番上のマウスメインボタンと右ボタン部分(あとロジのロゴ)はこの中間層にネジ止めされている。すでにこの一番上の部分は何も変更なく交換出来る。(Mx900がちょっと新しくなる)

中間層はやや複雑でもしこの中間層まで交換したいとなるとプラスチック加工が必要となる。
G400中間ガワ -> Mx900へ
・G400ガワにあるマウス後部のネジ止め用の支柱を削り取る必要あり
・上記を削り取ってもオリジナルのネジ止め2ヶ所は問題なく可能
・G400のガワにバッテリー警告LEDの表示穴を明ける必要がある

Mx900中間ガワ -> G400へ
・ネジ止め用支柱が一つ無いので前方の1ヶ所(2ヶ所も可)しか止められない(G400は3ヶ所でネジ止め)
・LEDの穴がそのまま残る

せっかくだったのでちょっとヘタリ気味のスクロールホイール部分はメカ構造含めそっくり交換した。スクロールホイールのゴムが新しくなって気持ちよい。

以上のような結果、見る人がみれば判るLogicoolロゴのMx900が完成した。Mx900もG400も殺さず使えるのでしばらくはこの体制で使おうと思う。本当にMx900のスイッチ類に支障が出たら交換するかも知れないけど。今一番怖いのはMx900のコントロール基板が故障することで、Mx900の基板の予備は持ってません。こんなのオークションでも見かけないし秋葉原巡業でもして探すしかないかと思ってます。

とにかく治療で臥せってた週の週末にドライバー一つで気持ちよい改良が出来てちょっといい気な月曜日です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Touch Me

Author:Touch Me
iPhoneとiPadとMacにどっぷりです。
2週間毎に音信不通になる場合があります。(-.-;)
iPhone界隈のニュースと関連ガジェットに興味があります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。