スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LionでSafariGesturesを使う

iCloudとの絡みもあり、義理と人情でOSX Lionにアップデートしてしまったブログ主です。最近ようやくSafariStandのSidebarの無い生活にも慣れたように思いますが、とても不自由しているのがSafariGesturesです。一応作者さんもLion対応を表明はしてくれているのですがそこはフリーウェアです。お仕事も忙しいでしょうし、Lionになってプログラム的に大幅な変更があったとか、いろいろな諸事情でここまでまだLionバージョンは発表されてません。

それにしてもホントに不自由だなと思いつつ、なんとかならんかと試行錯誤した結果、ついにLion上でSafariGesturesを暫定的に動かすことに成功してました。(大げさな)
最初に断っておきますがブログ主、マウスジェスチャーしか使ってません。その他のWheelやRocker、Swipeなどでも使えるとは思いますが試してはいません。
2番目に断っておきますがホントに暫定的です。謎めいて言えば22インチモニター(16:9)にして可能になったと言えます。
私はこれで正式対応まで乗り切ろうと思ってますが、皆さんにオススメ出来る手段ではありません。

方法:
 SIMBLとかは最新版にしましょう。SafariGesturesはSnowLeopard版の1.1.3です。インストールはHD直下のライブラリのSIMBLプラグインの中です。Safariを再起動すればメニューにSGが追加されます。しかしジェスチャーは動作しません。そこでSafariGesturesの環境設定を開きます。以前の設定がある、もしくは新たにジェスチャーにコマンドを設定します。
Safariのウィンドウ上ではジェスチャーは動作しませんが、なんとSafariGestures環境設定のウィンドウ上ではジェスチャーが動作します。
そこでSafariGestures環境設定ウィンドウを最小サイズまで縮小してSafariのウィンドウ表示の邪魔にならない処において、ジェスチャーはその上で行います。これで一応SafariGesturesは使えると言えば言えると思います。(言い切ります)

そこまでしてとかそんなことでとおっしゃる方はどうぞ作者様のLion対応バージョンをお待ち下さい。SafariGesturesに恋い焦がれているLionユーザーの方にはこんな方法もありますよと一つの可能性を紹介したまでです。義理も辛いし人情も重い、厳しい渡世人の世界です。こんな方法で耐え忍んで待ちたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Touch Me

Author:Touch Me
iPhoneとiPadとMacにどっぷりです。
2週間毎に音信不通になる場合があります。(-.-;)
iPhone界隈のニュースと関連ガジェットに興味があります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。